南アジアの社会変容と女性 - 押川文子

南アジアの社会変容と女性 押川文子

Add: najit73 - Date: 2020-12-18 18:07:39 - Views: 5936 - Clicks: 1752

1 請求記号: ef73-g41 書誌id:. 押川 文子編. また、バングラデシュ農村の一事例に止めることなく、共同研究へと発展させ、南アジアを対象とする他の国内研究者と共に「南アジアにおける教育と社会変容」の文脈で議論し、『「学校化」する南アジア』(押川文子共編著、年、昭和堂)として発表. 南アジアの社会変容と女性 フォーマット: 図書 責任表示: 押川文子 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所 形態: 251p ; 21cm 著者名: 押川文子 編 書誌ID: DTISBN:. 南アジアの社会変容と女性 押川文子 アジア経済研究所 1997.1. 1 Description: ix, 251p ; 21cm Authors: 南アジアの社会変容と女性 - 押川文子 押川, 文子 Series: 研究双書 / アジア経済研究所 編 ; 470 Catalog. 押川文子編 (研究双書 / アジア経済研究所 編, 470) アジア経済研究所, 1997. 3 形態: xviii, 234p ; 20cm 著者名:.

南アジア (インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブ、等) 地域を対象とする研究の発展と研究者の交流をはかる日本南アジア学会のオフィシャルホームページです。. 書評 押川文子・南出和余(編)『「学校化」に向かう南アジア―教育と社会変容―』 181 なお、全14章で扱われているのは、インド8編、パキスタン3編、バング ラデシュ3編と、主要3ヶ国に限られているが、コラムという形で、これ. 南アジアの社会変容と女性: 資料形態(詳細): Text: 主題: 家族問題.男性・女性問題.老人問題: ISBN:登録日:: タイトルのヨミ: ミナミ アジア ノ シャカイ ヘンヨウ ト ジョセイ: その他のタイトルのヨミ:. 1997 「インドにおける『中間層の形成』現象と女性」(押川文子編『南アジアの社会変容と女性』アジア経済研究所) 1995 「独立後の『不可触民』:何がどこまで変わったか」(押川文子編『フィールドからの報告』 (叢書 カースト制度と被差別民 第5巻年). 当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。.

南アジアの社会変容と女性 / 押川文子編 Format: Book Reading of Title: ミナミ アジア ノ シャカイ ヘンヨウ ト ジョセイ Language: Japanese Published: 東京 : アジア経済研究所, 1997. 南アジアの社会変容と女性 / 押川文子編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ミナミ アジア ノ シャカイ ヘンヨウ ト ジョセイ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所, 1997. ヒンドゥー社会と女性解放――ヤムナーの旅・高位カースト. 1 形態: ix, 251p ; 21cm 著者名: 押川 文子 シリーズ名: 研究双書(アジア経済研究所) ; 470 書誌ID: BNISBN:. 南アジアの社会変容と女性 フォーマット: 図書 責任表示: 押川 文子 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所 東京 : アジア経済出版会 (発売), 1997. 南アジアの社会変容と女性 押川文子 アジア経済研究所 1997.1; まえがき; 第1部 産業構造の変化と女性; 第1部 第1章 インドにおける労働力の「女性化」 働く女性の実態と変化 木曽 順子 5; 第1部 第1章 はじめに 5. 南アジア諸国のうちインドとバングラデシュを取り上げ、その政治、経済、社会の新しい動きのなかでの女性のあり方の変化を、多面的に分析。 言い換えれば、女性という存在を、彼女たちの生きる社会の全体的な状況に照らし合わせつつ、具体的に考察し.

社会変容と女性 : ジェンダーの文化人類学 資料種別: 図書 責任表示: 窪田幸子, 八木祐子編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 1999. おしかわ ふみこ 押川文子 OSHIKAWA Fumiko 地域研究統合情報センター・教授 年7月22日更新 専門分野. 470: 出版元: アジア経済研究所: 刊行年月: 1997.

1 Description: ix, 251p ; 21cm Authors: 押川, 文子 Series:. 押川文子編 (研究双書 / アジア経済研究所 編, 470) アジア経済研究所, アジア経済出版会 (発売), 1997. 文部省科学研究費・特定領域研究(a)「南アジアの構造変動とネットワーク」 : 東京大学東洋文化研究所 4 図書 南アジアの社会変容と女性 押川, 文子. 南アジアの社会変容と女性 フォーマット: 図書 責任表示: 押川文子編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所 東京 : アジア経済出版会 (発売), 1997. 1: ページ数: 251p: 大きさ: 21cm: ISBN:: NCID: BNBN※クリックで. インドの社会経済発展とカースト 研究双書 No. 1 形態: ix, 251p ; 21cm 著者名: 押川, 文子 シリーズ名:. ミナミ アジア ノ シャカイ ヘンヨウ ト ジョセイ.

1 著者名: 押川, 文子 シリーズ名: 研究双書 / アジア経済研究所編 ; 470 isbn:. 説明 「研究成果報告書概要(和文)」より. 1 形態: ix, 251p ; 21cm 著者名: 押川, 文子 シリーズ名: 研究双書 / アジア経済研究所 編 ; 470. 所属 (現在):京都大学,東南アジア地域研究研究所,名誉教授, 研究分野:地域研究,東洋史,ジェンダー,社会学,地域研究, キーワード:インド,ジェンダー,家族,アジア,南アジア,教育,開発,メディア,South Asia,地域研究, 研究課題数:19, 研究成果数:57, 継続中の課題:現代インドの老いの戦略と.

南アジアの社会変容と女性: 著作者等: 押川 文子: 書名ヨミ: ミナミアジア ノ シャカイ ヘンヨウ ト ジョセイ: シリーズ名: 研究双書 no. 南アジアの社会変容と女性 種類: 図書 責任表示: 押川文子編 出版情報: 東京 : アジア経済研究所 東京 : アジア経済出版会 (発売), 1997. Amazonで文子, 押川の南アジアの社会変容と女性 (研究双書)。アマゾンならポイント還元本が多数。文子, 押川作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「インドにおける『中間層の形成』現象と女性」(押川文子編『南アジアの社会変容と女性』アジア経済研究所) 1995 「独立後の『不可触民』:何がどこまで変わったか」(押川文子編『フィールドからの報告』 (叢書 カースト制度と被差別民 第5巻年). 本研究は、すでに平成10年度に実施予定である、重点領域研究「南アジア世界の構変動とネットワーク-多元的共生社会の発展モデルを求めて」を円滑に行うための企画調査を目的として実行された。まず、1997年11月29日に、研究計画班メンバーを集めて、第一回準備会全体会を開催した(於東京. 南アジアの社会変容と女性:.

書誌情報 責任表示: 押川文子 編 出版者: アジア経済研究所 出版年月日: 1997. 南アジアの社会変容と女性 Format: Book Responsibility: 押川文子編 Language: Japanese Published: 東京 : アジア経済研究所 東京 : アジア経済出版会 (発売), 1997. 文献書誌 押川 文子: "インドにおける「中間層の形成」現象と女性" 押川文子編『南アジアの社会変容と女性』アジア経済研究所. 南アジアの社会変容と女性 - 押川文子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 社会変容と女性 : ジェンダーの文化人類学 フォーマット: 図書 責任表示: 窪田幸子, 八木祐子編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 1999.

押川文子編,1997,『南アジアの社会変容と女性』アジア経済研究所,251頁. 押川文子編,1996,『叢書 カースト制度と被差別民 第5巻フィールドからの報告』明石書店,592頁..

/136 /502150 /990982 /99a6d796ab0401

南アジアの社会変容と女性 - 押川文子

email: [email protected] - phone:(533) 663-7709 x 9303

魔術師のタロット - アレクサンドリア木星王 - 運命の黙約 ジェフリ

-> 武士の絵日記 - 大岡敏昭
-> やさしく読めるフランス語新聞 2006 - 瀧川好庸

南アジアの社会変容と女性 - 押川文子 - 武田知己 昭和期の日本政治と国際秩序


Sitemap 5

気づきの成功学 - 田舞徳太郎 - 新福悦郎 いじめ問題関係判決書の教材開発といじめ授業